頻尿と聞くとよくお年寄りの方に現れる症状というイメージがありますが、最近では若い人でも頻尿になりやすいです。トイレが近くなるだけと軽視されがちですが、頻尿は実は危険サインかもしれません。危険な病ほど徐々に進行していくので初期症状に気付きにくいものです。このサイトで頻尿に対するイメージを改めましょう。

多様な薬と男
  • ホーム
  • 睡眠導入剤メロセットを使って安眠へ

睡眠導入剤メロセットを使って安眠へ

笑う女性

寝付きの悪さや浅い眠りによって質の良い睡眠が得られず不眠気味となり、昼間に強い眠気や倦怠感を覚えるなど睡眠の悩みを抱えている人は少なくありません。
放置すると本格的な不眠症となり他の病気を引き起こす心配もあるため早期に睡眠リズムを整えておく必要があります。
副作用や依存症を気にして睡眠導入剤の服用をためらい症状悪化を招くケースもみられます。
睡眠導入剤の中でもメロセットの場合は、強制的な眠りをもたらすタイプの薬とは異なった仕組みで睡眠の質向上に役立つため、副作用や依存症を気にする人も安心して導入できると言われています。

メロセットの有効成分メラトニンは人の脳内でも分泌されている睡眠ホルモンと同じであることから、人体が自然に眠りに就く仕組みをサポートする形で効き目をあらわします。
メラトニンは、交感神経のうち心身をリラックスさせる働きを司る副交感神経に作用して脈拍や体温、血圧を下げて身体が睡眠に向かう準備をしてその状態を脳が察知して自然な睡眠に導くため、強力な入眠作用を持つ睡眠導入剤と違って穏やかな効き目で眠りに誘います。
メロセットは眠らせることだけが目的ではなくメラトニンの作用で睡眠リズムそのものを整えて、根本からの不眠解消に役立つ薬です。

メロセットのメラトニンのサポートによって夜に質の良い睡眠を得て、朝の心地よい目覚めで体内時計をリセットし、自分自身の脳内でのメラトニン分泌を促すための準備に繋げることができます。
メラトニンは脳内の松果体という場所で日没後から夜にかけて分泌されます。
その材料が昼間に分泌される神経伝達物質のセロトニンであるため、体内時計リセット後に開始される昼間のセロトニン分泌をしっかり促すことが夜のメラトニン分泌量を増やすことに繋がります。

メラトニンは加齢によって分泌量が低下するため、高齢になると睡眠時間が短くなるのはそのせいで不眠症に陥る原因の一つと考えられています。
メロセットは足りないメラトニンを補って脳内での分泌促進の手助けもする睡眠導入剤です。

安眠できる環境作り

いったん乱れてしまった睡眠リズムは自力での修正はなかなか難しく、メロセットのような睡眠導入剤のサポートによってまず睡眠リズムを整え、朝起きて昼間活発に活動し夜きちんと眠るという正しい生活サイクルを取り戻して行く必要があります。
メロセットの有効成分メラトニンは脳内で分泌される睡眠ホルモンです。
心身をリラックス状態に導いて睡眠リズムを整える効能だけでなく、アルツハイマー病を引き起こすタンパク質のひとつアミロイドベータを減らす働きも持っていることが明らかにされ、さらに注目されるようになりました。

睡眠障害はアルツハイマー病の症状の一つでもありますが、病気によってメラトニンなどのホルモン分泌が滞るようになり夜や早朝の徘徊などが生じやすくなります。
メラトニンのような睡眠ホルモン分泌の低下はアルツハイマー病を引き起こす要因になる上、症状悪化を促すことにもなりかねません。
メロセットは高齢になってから脳内の分泌量が減るメラトニンを効果的に補い、睡眠リズム改善に役立ちながら、アルツハイマー病の予防にも繋げて行ける可能性を秘めた成分です。

メロセットのサポートで睡眠リズム改善を効果的に行うためにも、自分でも眠りの質を上げて安眠できる環境作りを工夫する必要があります。
枕の高さなどリラックス感を高める寝具へのこだわりも大切ですが、自分自身のメラトニン分泌をも促して行くには、特に照明の明るさに注意すべきと言われています。
日没後から夜にしか分泌されないメラトニンは光に敏感なため強い光の蛍光灯の影響でも分泌量を減らしてしまいます。
そのため就寝時間の2時間ほど前からホテルの室内のような少し暗めで暖色系統の温かみを感じさせる照明に切り替えると良いと言われます。
メロセットと照明の工夫が睡眠の質を高めるカギになり、心地良い安眠を得ることが期待できます。